注文住宅

『暮らし』が家づくりを考える出発点。

「どんな家を建てたいのか」ではなく「どんな暮らしがしたいのか」

最初に建物や間取りがあって、そこに暮らしが築かれるのではなく、住まい手の方々それぞれの「暮らし」が家づくりを考える出発点となり、それがいくえにも積み重なって、住まいの空間が育っていき、カタチとなっていきます。

それは、便利な設備をやみくもに詰め込むことや、豪華さを競うこと、部屋数や広さを確保することではなく、家族のつながりを大切に考え、暮らし方に応じて柔軟につかいこなすことができる「暮らしの器」です。

住まいのカタチはつくり手が決めるものではありません。建物が主役なのではなく、暮らしが主役の住まいと言えるでしょう。私たちは、「暮らし」への想いの一つひとつをカタチにしていく皆様のパートナーでありたいと願っています。

施行事例

当社設計/[注文住宅]施工事例の一例をご紹介します。